3年A組の5話ネタバレ考察!犯人が教師の可能性大!?

2019年2月10日

第一部完結となる3年A組の5話。

前回は甲斐がフェイク動画に関わっていたことがわかりましたね。

そして倒れてしまった柊…

それでは3年A組5話ネタバレ考察感想です!

 

 

 

 

 

 

3年A組の5話ネタバレあらすじ

 

 

立てこもり4日目の夜。

柊(菅田将暉)が倒れ、そばで見守る茅野さくら(永野芽郁)。

 

一颯を心配するその一方、その隙を見て生徒たちは手分けして脱出方法を探り、閉ざされていた美術準備室の扉を開けようとし、

華の体当たりにより準備室の扉を開けることに成功。

 

その後眠っている柊の電話にIという人物から電話がかかってくる。

茅野が電話に出ると、

その電話の相手は五十嵐で、郡司がフェイク動画のことを探っているのはお前の計画通りかと話していた。

その後柊ではないと気づいた五十嵐はすぐに電話を切る。

 

その後他の生徒らは美術準備室に入り中尾(三船海斗)らや携帯を探さす。

そしてロッカーを開けようとするも、逢沢博己(萩原利久)がロッカーにも爆弾が仕掛けられているから辞めた方がいいと告げる。

そして爆弾のリモコンを見せながらここから出てという。

そう、内通者とは逢沢だったのだ。

 

そして柊が目を覚ますまで代わりに役目を果たすという。

しかし、甲斐らにより簡単に取り押さえられる逢沢。

 

その後生徒らは逢沢に鍵を解除させ、没収された携帯電話やカバンを回収し、

外部と連絡を取り、柊は倒れたと伝える。

柊が倒れたことを知った警察はSITの突入を計画する。

 

そして下の階へのハッチも明け、

殺されたはずの中尾(三船海斗)、里見(鈴木仁)、西崎(今井悠貴)、瀬尾(望月歩)、瑠奈(森七菜)、美咲(箭内夢菜)が見つかる。

 

生きていたことを知り喜ぶ生徒らに対し、

神妙な面持ちの里見たち。

そして里見は、俺たちは学校から出るつもりはないと告げ、

先生と一緒にこのまま学校に立てこもってほしいという。

里見らによれば、柊は自分たちのためにこの事件を起こしたという。

 

 

柊の目的は、

真実を白日のもとにさらすことであった。

景山澪奈が殺された真実を…

景山の事件は誰が死んでもおかしくなく、

景山がターゲットになったのはたまたまだったという。

そしてここで解決しなければ次の犠牲者が出るという。

 

そして警察では加害者を特定できないという。

世間を使って見つけ出そうと、

大勢の注目を集めるため立てこもり事件をおこしたという。

 

そして柊は不治の病を患っており、もう長くはないという。

だから最後の授業として

景山の事件を通して何が大切で、何を守らなければならないのか学ばせようと考えたという。

 

そして諏訪が鍵を握っていると言っていたという。

その後諏訪の彼氏が喜志であったことが判明。

諏訪は芸能事務所に入るため金を稼ごうと喜志のもとで働こうとしたことがきっかけで、喜志の女となった。

 

また、その中で喜志は景山澪奈が自殺した話を出し、

あれって本当は、と何か言いかけていた。

 

その後、生徒らは二つにわれた。

甲斐は真実を知るため、ここに残るという。

次々と他の生徒らも残ると言うが、

瀬尾や兵頭など何人かの生徒は自分らが共犯者になってしまため学校から脱出するという。

 

 

 

その後警察はSITを突入させ、残る組の生徒らは爆発で威嚇しようと提案。

しかし止めに入る脱出組。

そして甲斐が爆弾のリモコンのスイッチを押そうとする…

 

するとそこに柊が現れる…!

 

そしてお前がボタンを押す必要はない、

汚れ役は自分だけで充分だとリモコンを預かった。

 

そして自身の目的を生徒らが知ったことを把握すると、

諏訪が持っている情報を確認しようという。

 

すると諏訪は喜志を裏切って今の地位を失いたくない、笑いたければ笑えばいいと、

こうやって生きていくしかないと話す。

 

すると茅野は笑えるわけないと、柊も間違っていないと話す。

 

みんな一緒だと。

頼って、もがいて、途方に暮れて、それでも正解を求め前を向く。

進んでダメなら振り返る。そしてまた前を向く。

でもこれがいい。

人は恥をかいて強くなる。

 

だから、諏訪は間違っていないと…

そんな柊の言葉に涙を流す諏訪…

 

そして喜志から預かったというSDカードを柊に渡す諏訪。

 

そのSDカードにはフェイク動画の顧客リストが入っていた。

この中に景山を陥れた人物がいるという。

 

柊は直接SITの前に現れ、新しい武器を得るため、自分が生徒たちに倒れたという情報を拡散させたと警察に話した。

 

そしてこれからある情報をSNSマインドボイスに流すという。

その後脱出したいという生徒たちも残ると宣言。

 

そしてSDカードに入っていた顧客リストには、

Hunter(ハンター)という魁皇高校の教師の名前があった…

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

3年A組の5話の考察・感想

 

 

第一部が完結した3年A組5話。

今回は内通者や、

柊の目的がやっと判明しましたね。

まずは判明したことを整理しました。

 

・内通者は逢沢博己(萩原利久

・柊の目的は真実を白日のもとにさらすこと

・景山澪奈は殺された

・景山の事件は他の誰が死んでもおかしくなかった

・放っておけば次の犠牲者が出る

・立てこもり事件を起こしたのは注目を集め世間に犯人を捜す協力をさせるため

・柊は病気で長くない

・フェイク動画の顧客リストに魁皇高校の教師がいる

 

 

やはり内通者は逢沢でしたね。

おそらく景山のドキュメンタリー動画をとっていた関係から、

柊からすべての話を聞き、協力していたのでしょう。

 

そして柊の目的ですが、

なんと景山澪奈は誰かに殺されれ、

その真相を突き止めることでした。

 

自殺かと思われていた景山澪奈は他殺だったのですね…

また、景山澪奈以外の誰が殺されていてもおかしくなかったという…

 

そしてその景山澪奈のフェイク動画の顧客リストには魁皇高校の教師の文字がありましたが、

こちらの予想や考察は「3年A組の犯人の先生をネタバレ考察!黒幕は別にいる?」でしています。

 

 

3年A組を見逃した方は➡3年A組の再放送や見逃し動画

最終回の放送日は➡3年A組の最終回はいつ?全何話?脚本を前倒ししてた!?

 

 

 

スポンサーリンク