リバースの原作ネタバレ!湊かなえの原作とドラマの違いなど!

藤原竜也さん主演の注目の2017年春ドラマ「リバース」(TBS金曜ドラマ)。

原作は湊かなえさんの小説「リバース」で衝撃の結末を迎える作品ですが、

今回はリバースの原作ネタバレ原作とドラマの違い感想などをご紹介していきます!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

2016年に放送された「そして、誰もいなくなった」以来となる藤原竜也さん主演の地上波連続ドラマ「リバース」。

 

主人公の親友の事故の秘密を巡り様々な人間ドラマが繰り広げられる作品ですが、

原作はミステリー小説の女王・湊かなえさんです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

リバース [ 湊 かなえ ]
価格:691円(税込、送料無料) (2017/4/14時点)

 

 

湊かなえさんの小説で有名なものといえば「告白」ですね。

松たか子さん主演で映画化もされた人気作品ですが、衝撃を受ける物語でしたね…

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

告白 [ 湊かなえ ]
価格:668円(税込、送料無料) (2017/4/14時点)

 

 

実は湊かなえさん、イヤミスの女王とも呼ばれ、作品を読んだ後にいやな気持になると言われています。

それでも人気があるというのはそれだけ内容が面白いということですね。

 

今作リバースもまた湊かなえにやられた!という感想の多い人気作です。

それではリバースの原作のあらすじネタバレです!

衝撃の結末に注目です!

 

 

 

リバースの原作ネタバレ

 

あるメッセージ

主人公・深瀬和久(ドラマキャスト:藤原竜也)は成績優秀で名の知れた大学へ進学するも、

就職活動に失敗し希望の銀行ではなく「ニジタ事務機器」という会社で営業を行うサラリマーマン。

 

平凡な毎日を送っていた深瀬にも二つの癒しがあった。

 

一つ目はコーヒー専門店「クローバーコーヒー」である。

そしてもう一つはその店の常連であるパン屋の店員・越後美穂子(ドラマキャスト:戸田恵梨香)だった。

美穂子とは現在交際中で順調に交際していた。

 

しかし、そんな深瀬の癒しを壊す出来事が起こる。

 

恋人・美穂子のもとに「深瀬和久は人殺しだ」というメッセージが届くのである。

心配する美穂子に、深瀬は3年前のある事件について話し始めた。

 

 

3年前の事件

 

遡ること3年前、深瀬は大学4年のころ、同じゼミ生の友達と村井隆明(ドラマキャスト:三浦貴大)の伯父の別荘へと旅行に出かけた。

 

しかし旅行当日の朝、村井が事故にあい途中から合流すると言い、一足先に深瀬、広沢由樹(ドラマキャスト:小池徹平)(ドラマキャスト:玉森裕太)谷原康生(ドラマキャスト:市原隼人)浅見康介(ドラマキャスト:玉森裕太)の4人で現地へ向かうことに。

 

村井がいなかったが、4人は旅行を満喫していた。

ただ、別荘へ向かう途中の食事の際、広沢がみんなで食べようとしていた蕎麦ではなくカレーを食べたいといったことで少し気まずい雰囲気に。

 

しかしせっかくの旅行であるため深瀬は気にせず旅行を楽しんだ。

 

 

4人は別荘に到着するも、台風で予定していたバーベキューを中止に。

部屋の中で飲み会をしようとするも深瀬と広沢は飲めないことを打ち明ける。

 

そのとこに対し谷原は機嫌を悪くしたため、広沢は我慢して飲み始めた。

深瀬は体質により一滴も飲むことはなかった。

 

4人で楽しく談笑していると、遅れていた村井から最寄りの駅にいるから迎えに来てくれと連絡が入った。

 

しかし免許を持っている広沢と浅見はすでに飲んでいたため断ったが、村井が激怒。

別荘などいろいろ準備してくれた村井に言い返すこともできず従うことに。

 

まず浅見は教師を目指しており飲酒運転を行うことなどもってのほかであった。

結局広沢が運転することになるのであった。

 

心配する深瀬は、別荘に来る途中購入したはちみつを入れた特製のコーヒーを淹れて広沢に飲ませた。

 

 

広沢が村井を迎えに行ってから1時間がたち、村井から連絡がきた。

いまだ広沢は村井のもとに到着していないという。

心配した谷原と浅見は自電車で広沢を探しに。

 

すると途中の崖で車が谷底に落ち炎上していたのであった…

 

 

すぐさま4人は警察や両親などに連絡をたったがただただ後悔の気持ちでいっぱいだった。

ただ、飲酒運転のことだけは4人の間だけの秘密にしたのであった…

 

 

美穂子の反応と新たなメッセージ

 

3年前の事件のことを美穂子に話した深瀬。

深瀬は「悪くないよ」というそんな美穂子の言葉を期待していた。

 

しかし美穂子が口にしたのは軽蔑の言葉であった。

 

「それは無罪とは言わないと思う」

 

そんなことがあり、美穂子を避けるように行きつけの[クローバー・コーヒー]にも顔を出せずにいた。

 

一体誰があのメッセージを美穂子に送ったのかと深瀬は考えていた。

そんな折、浅見が働いている高校に仕事で訪れた際、浅見の同僚である木田瑞希という女性からとある話を聞く。

「浅見康介は人殺しだ」

深瀬と同じメッセージが張り付けてあったのだという。

 

その後村井から話があると連絡が来る。

いざ会って話すと一連の手紙の件だった。

 

一体こんなことをした犯人は誰なのか。

そう深瀬が考えていると村井は秘密を知っている4人の中に犯人がいると疑っているという。

そして当時第一発見者の谷原か浅見を疑っているという。

 

答えは見つからないままその日は村井と別れた深瀬であったが、

後日村井から、谷原が駅のホームで突き落とされたという連絡が入った。

 

あのメッセージによる嫌がらせだけではなく実際に被害にあったのである。

幸い谷原は一命をとりとめたものの、次は誰が襲われるか気が気でない深瀬。

 

 

犯人捜しと広沢の過去

 

後日深瀬と浅見、村井の3人は集まり犯人について話し合った。

そして犯人は亡くなった広沢に関係ある人物であると推測する。

 

深瀬は犯人について調べるため、広沢の実家がある広島を訪れる。

 

そこで広沢について様々な話を聞いた。

 

・大学卒業後1年間は留学したいと言っていた。

・野球をやっており運動神経がよかった。

・いじめられている子を助けるなど正義感が強かった。

・派手なグループの人間とも付き合っていた。

 

そして一つ気になる話を聞いた。

それは深瀬らゼミ仲間の連絡先を聞きに訪ねてきた古川という男がいると。

 

古川は広沢の高校の同級生だった。

広沢の親友を自称していたという。

 

その古川という男を調べるため、広沢の卒業アルバムを見ると深瀬は驚愕した。

そこには思いもよらぬ人物が写っていたのである。

しかしそれよりも古川を探しまずは一度会うことにした深瀬。

 

深瀬は広沢と一緒にいることで劣等感から解放されるようになった気持ちでいたという。

大学でも行動を共にしていたが、広沢のことを思い自分から離れたという。

 

そして深瀬らの連絡先を聞いたのは自分と疎遠になった後の広沢について知りたかったからという。

 

深瀬はこう思った。

古川が犯人ではないとすれば、卒業アルバムに写っていた人物が広沢の彼女であり一連の事件の犯人なのではないかと。

 

そして深瀬は古川にこう聞いた。

 

「広沢の彼女の名前は木田瑞希さんかな」

 

そう、浅見の同僚である木田瑞希である。

しかし深瀬の読みは外れることになる。

広沢の彼女は“かわべ”という人物であったという。

 

その“かわべ”という女性の写真を見るためもう一度卒業アルバムを見返すと、

深瀬はまたも驚愕した。

そして“彼女”が犯人なのだと悟ったのであった。

 

そしてその“かわべ”という女性は谷原の所属する野球チームのマネージャーをしており、

谷原が駅のホームで落とされた時も一緒にいたという事実を知る。

 

 

一連の事件の真相

 

深瀬はその“かわべ”という女性に連絡を取り「クローバーカフェ」にてその人物を待った。

 

そしてその人物が店に入ってきた。

ドアを開けて入ってきたのは深瀬の彼女である美穂子であった。

 

 

美穂子はすべてを深瀬に話した。

 

美穂子は広沢と同じ高校出身で当時広沢が美穂子に想いを寄せていたをしていたという。

そして大学に進学し、美穂子が働くパン屋で偶然再会しその後交際を始めた。

 

恋人として順風満帆な日々を過ごしていた2人であったが、3年前のあの事件がすべてを壊した…

 

 

悲しみで法事にも出席できなかった美穂子であるが、

3回忌には出席した。

そして広沢の事故当時について知りたくなり、浅見の同僚であり同級生の木田瑞希に浅見の連絡先を聞いた。

 

また、村井にも、谷原にも近づいた。

そして深瀬にも…

 

そう、深瀬と美穂子がであったのは偶然でもなんにでもなかった。

ただ、美穂子は広沢から深瀬は特別な存在であると聞いていたため、深瀬は特に興味を抱いていた。

最初こそ当時のことを知るため深瀬に近づいた美穂子であったが、深瀬への想いは嘘偽りではないという。

 

しかし、当時の真実を深瀬の口から聞き、驚愕したのだ。

そして最初に美穂子に届いたメッセージは実は事件とは全く無関係の深瀬へのいたずらであったという。

しかし、そのことがきっかけで事件の真実を知り、どうしても許せなかった。

そして復讐に至ったのだという。

 

深瀬は谷原を突き落とすことはなかったのではと言うも、美穂子は谷原のことを許せなかったという。

 

その突き落としたその日は、飲み会の帰りであった。

谷原は飲んでいるにも関わらず美穂子を送ると言い、注意を受けるも3年前の事件のことを口にした。

あの時は免許を持っていなかったが、これくらいなら余裕だと。

そして広沢は運が悪かったと…

 

そして谷原は美穂子に抱き着こうとし、美穂子はそれを突き飛ばし線路に落下したのである。

ただ、谷原は相当酔っぱらっていたので当時のことは覚えていないのであるという。

 

しかしずっとそのことを気にしていた美穂子はどうしたらいいかと深瀬に尋ねる。

深瀬自身も自分に当てはまる問であった。

 

そして深瀬は広沢についてもっと知っていこうと考える。

そうやって知りえた広沢が答えを教えてくれると。

 

犯人

 

深瀬と美穂子は答えを見つけるため広沢について調べることにした。

 

そしてまず美穂子は広沢は蕎麦アレルギーであることを教えてくれた。

だから旅行の際、広沢は蕎麦を食べなかったのである。

 

そして店のマスターがはちみつ入りのコーヒーを出してくれた。

それは別荘で深瀬が広沢に出したはちみつ入りのコーヒーと同じ味がした。

 

そしてマスターはこう言った。

 

「蕎麦のはちみつだよ」

 

そう、広沢は深瀬が淹れた蕎麦のはちみつ入りコーヒーを飲んだため運転中にアレルギー発作を起こし、事故に至ったのである….

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

リバースの感想

 

どうでしたか?

なんとも後味が悪いと思われた方も多いのでは?

ただ裏切られた!の一言です。

ただそれが湊かなえさんの作品の醍醐味です。

 

 

美穂子が犯人だったということで驚いたのですが、

実は広沢の事故の原因は深瀬だったという結末…

つまり実質的には犯人は深瀬本人だったということです。

 

完全に最後裏切られましたね(笑)

これから二人で答えを探していくというすっきりした終わり方かと思いましたが、そうはいきませんでした。

ただこれが湊かなえさんらしいですね。

 

 

リバースの原作とドラマの違い

 

リバースのドラマはは原作と異なるオリジナル要素があるそうで、以下のような点が挙げられます。

 

・ドラマオリジナルキャラクター

武田鉄矢さん演じるフリージャーナリスト・小笠原

間脇麦さん演じる村井の妹で谷原の妻である明日香

 

・事件は3年前ではなく10年前

 

・原作の結末の後の物語が描かれる。

 

なんといっても原作の結末の後の物語が気になりますね。

自分が広沢の事件の原因であると知った深瀬はどうするのか。

そのことを知った深瀬は美穂子のそばにいてともに広沢のことを調べられるのか。

 

ドラマの最終回を楽しみに待ちましょう!

 

 

◆リバースの関連記事

リバースの主題歌

リバースを見逃した方は→リバースの再放送や見逃し配信

 

 

 

 

スポンサーリンク