リーガルVとリーガルハイの違いは?続編なの?

2018年テレ朝秋の木曜ドラマとして放送される「リーガルV」。

ドクターXなど視聴率女王ともいわれる米倉涼子さん主演の新作ドラマですが、

堺雅人さん主演のリーガルハイとの関係が気になる方が多いようです。

今回はリーガルVとリーガルハイの関係についてご紹介していきます!

 

 

 

 

 

 

リーガルVとリーガルハイの違いは?続編?

 

米倉涼子さん主演のリーガルV。

そして堺雅人さん主演のリーガルハイ。

ネット上ではリーガルVがリーガルハイの関係について疑問が寄せられていますが、

両作品の関係についてご紹介していきます!

 

 

リーガルVとリーガルハイは別物?

リーガルVとリーガルハイ。

結論から申し上げますと、この2作品は全くの別作品です!

 

ではなぜリーガルVと検索するとリーガルハイというキーワードが出てくるのか。

それはリーガルVがリーガルハイに似ているポイントがいくつかあるからです。

その似ているポイントについてみていきます!

 

リーガルVとリーガルハイの似ているポイント

 

その1 タイトルが似ている 

まず何と言ってもタイトルが似ていますよね。

「リーガルV」と「リーガルハイ」。

 

リーガル(legal)は英語で

「法律の、法律に関する」といった意味で、どちらも法律をテーマとした弁護士ドラマですのでリーガルがついています。

唯一違うのはリーガルの後に続く「V」と「ハイ」ですね。

 

リーガルハイは「法律でハイになろう」という意味だそうで、

まさにハイテンションな堺雅人さんの演技が話題となりましたよね。

 

それに対してリーガルVのVはVictory(勝利)のVということで、

必ず勝利するという意味が込められているのでしょう。

まさに米倉涼子さんにぴったりなタイトルですね。

 

ただ、やはりリーガル〇〇というタイトルだと、

リーガルハイを意識したのではないかと考えてしまいますよね~笑

 

その2 大手法律事務所と対立する

 

リーガルVとリーガルハイが似ているポイントその2は、

どちらも主人公がもともと所属していた大手法律事務所と対立する点です。

 

リーガルハイの主人公・古美門研介は生瀬勝久さん演じる三木の法律事務所・三木法律事務所に所属していましたが、

三木からいきすぎたやり方を理由に解雇され、その後幾度となく対立しています。

 

そしてリーガルVの主人公・小鳥遊翔子も、かつては 小日向文世さん演じる天馬壮一郎のFelix & Temma法律事務所に所属していましたが、

とある理由で弁護士資格を剝奪され解雇されました。

 

 

ということでリーガルVとリーガルハイはタイトルも似ていますが、

あらすじも少し似ているのです。

 

 

リーガルVとリーガルハイの違い

 

ここまでリーガルVとリーガルハイの違いを述べてきましたが、

両作品の違いを挙げていきます。

 

 

その1 リーガルVの主人公は弁護士資格を剥奪されている

さきほども述べたように、

リーガルVの主人公・小鳥遊翔子はとある理由で弁護士資格を剥奪されているのです。

リーガルハイの主人公・古美門研介も行き過ぎたやり方をしていましたが、

独立し自身が代表弁護士の法律事務所を設立しています。

 

それに対し小鳥遊は弁護士資格が剥奪されているため、

高橋英樹さん演じる実務経験はないが弁護士資格を持つ京極に代表弁護士をやらせています。

 

この小鳥遊が弁護士資格を剥奪された理由も物語が進むにつれ明らかになっていくことでしょう。

 

 

その2 登場人物の多さ

 

リーガルハイの古美門法律事務所は、

古美門研介(堺雅人)、黛真知子(新垣結衣)、

加賀蘭丸(田口淳之介)、服部(里見浩太朗)の4人からなる法律事務所ですが、

 

リーガルVは

小鳥遊翔子(米倉涼子)、青島圭太( 林遣都)、

馬場雄一( 荒川良々)、伊藤理恵(安達祐実)、

茅野明(三浦翔平)、大鷹高志(勝村政信)、

京極雅彦(高橋英樹)と7人からなる法律事務所で、

リーガルハイ以上にパワフルでコミカルなやり取りや、

様々な人間ドラマが期待できるのです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

リーガルVはリーガルハイを超えられる?

 

以上のようにリーガルVとリーガルハイを比べてきましたが、

やはりリーガルハイを意識しているのではないかと思わざるを得ないですよね。

リーガルVもコメディ要素満載のようですし。

 

気になるのはリーガルハイ以上の大ヒットドラマとなるかどうか…

 

リーガルハイは2012年に1期が放送され、

2013年にスペシャルと2期が、2014年にスペシャルが放送されました。

その1期と2期の視聴率を見ると、

1期が平均視聴率12.5%、2期が18.4%と高視聴率を記録しています。

 

リーガルVはオリジナル作品で今回が1期となるわけですが、

個人的にはドクターXのようにシリーズ化されるのではないかと思っています。

ドクターXは2017年に放送された5期が平均視聴率20.9%とかなりの高視聴率ドラマとなり、

そんな主演を演じた米倉涼子さんの新作ドラマとなればかなりの注目が集まっていることでしょう。

 

リーガルハイの二番煎じ感は否めませんが、

個人的には、あらすじ、キャストの面から見て視聴率二桁はまず間違いないかと思っています。

果たしてリーガルハイを超えられるのか。

 

最終的な決着を楽しみにしましょう!

 

◆リーガルVの関連記事

リーガルVの再放送や見逃し配信

リーガルVのロケ地まとめ!横浜や東京・千葉が撮影場所!

 

 

 

スポンサーリンク