ごめん愛してるの原作ネタバレや韓国ドラマと日本の違い!

人気韓国ドラマ「ごめん、愛してる」が長瀬智也さん主演でリメイクされることで話題のTBS日曜ドラマ「ごめん、愛してる」。

 

韓国ドラマらしい切ない愛の物語ですが、

今回はごめん愛してるの原作の韓国ドラマと今回の日本版との違い

原作のあらすじネタバレをご紹介していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ごめん愛してる(韓国ドラマ)のキャスト

ごめん愛してるの韓国版の主な登場人物です(カッコ内は日本のキャスト)

 

ムヒョク(岡崎律/長瀬智也)

 幼いころ親に捨てられた過去を持つ。現在はオーストラリアで詐欺など行うチンピラ。ジヨンは元彼女。

 

ウンチェ(三田凜華/吉岡里帆)

 ユンとは幼馴染で彼に想いを寄せる。仕事で行ったオーストラリアで偶然ムヒョクと出会う。

 

ユン(日向サトル/坂口健太郎)

 韓国で有名な歌手。ミュンジュという恋人がいる。

 

ドゥリ(日向麗子/大竹しのぶ)

 ユンの母親でありムヒョクとソギョンの母親。ムヒョクとソギョンのことは死産と聞かされ存在を知らない。韓国の大女優。

 

ソギョン

 ムヒョクの双子の姉。5歳の頃交通事故にあい、後遺症で知能が5歳のまま。

 

ジヨン

 ムヒョクの元彼女であるが、現在はオーストラリアのマフィア・ジェイソンと金目的で結婚している。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[DVD] ごめん、愛してる スタンダードDVDセット
価格:13461円(税込、送料別) (2017/7/9時点)

 

 

ごめん愛してる(韓国ドラマ)のあらすじネタバレ

 

2人の出会い

 

主人公ムヒョクは、幼いころ養子としてオーストラリアに移り住んだ。

しかしその養父母のもとから抜け出し、ストリートチルドレンとして生きていった。

 

ムヒョクは、自身と同じく養子として出されたジヨンと出会い恋人となるが、

ジヨンは金目的でマフィアのジョンソンと結婚。

 

そんな中、韓国のトップスターだったユンとミンジュ、そしてユンのスタイリストであるウンチェは撮影でオーストラリアを訪れていた。

 

滞在中、ウンチェは強盗にあい身ぐるみはがされてしまう。

途方に暮れたウンチェの前に現れたのはムヒョクだった。これが二人の初めての出会いである。

 

チンピラだったムヒョクは、途方に暮れているウンチェを売りさばこうとするも、助けることに。

その後一夜を過ごし、二人は別れた。

 

 

ムヒョクの復讐の決意

 

ムヒョクは自宅に帰ると元恋人のジヨンから結婚式の招待状が届いていた。

怒りをあらわにするムヒョクだったが、結婚式に出席することに。

 

しかしその結婚式でジヨンらを狙うスナイパーにムヒョクは気付き、彼女を守ろうとして頭に銃弾を受ける。

 

 

 

一命をとりとめたムヒョクだったが、余命が少ないことを宣告される。

 

その後韓国に戻り、双子の姉ソギョンと再会する。ソギョンは事故の後遺症で知能が5歳で止まっており、幼い息子と貧しい生活を送っていた。

その後ムヒョクは自分の母親がユンの母親である大女優オ・ドゥリであることを知る。

 

捨てられて貧しい生活を送る自分らとは違い幸せに暮らすドゥリに対して怒りをあらわにするムヒョクだった。

そして実の母親に復讐を誓う。

 

復讐の始まりと再会

 

ムヒョクはまず息子のユンに近づき彼のマネージャーとなった。

そして嘘のスキャンダルを流したり、ユンの恋人ミンジュを口説きユンから奪ったりした。

立て続けによるショックからユンは交通事故を起こし入院し、ムヒョクの復讐の第一段階が終わった。

 

 

しかしそこで運命の再会があった。

ユンのスタイリストであるウンチェであった。

ウンチェは、ムヒョクが自分のことを好きになり、オーストラリアから韓国まで追いかけてきたと勘違いをする。

 

最初の印象は最悪だった二人だが、ウンチェのまっすぐな姿にムヒョクは惹かれていった

 

ウンチェと過ごす時間はムヒョクにとって幸せな時間だった。

その幸せを守るため、復讐を辞めようと決意するムヒョク。

 

しかし神様は残酷だった。

 

ドゥリは、ムヒョクの双子の姉ソギョンを泥棒扱いしたのである。

そんなドゥリの行動に再びムヒョクは復讐を決意する。

 

 

心臓移植

 

一方、入院中のユンは生まれつき心臓が悪いこともあって危険な状態に陥いり、心臓移植でした助かる方法がない状況になっていた。

 

それを知ったムヒョクは、余命が少ないからと心臓をあげることを決意。

そしてウンチェにはそれまで自分と付き合えと言った。

 

しかし、余命のことを知らないウンチェは自分と付き合いたいだけの嘘だと勘違いし、ムヒョクを拒絶する。

 

 

その後ウンチェは付きっ切りでユンの看病を行い、ユンも本当はウンチェのことが好きだったことに気付く。

 

 

最後の復讐

 

今までムヒョクに対して冷たい態度をとっていったドゥリは、

ムヒョクの余命が短いことをすると手のひらを返したように優しくした。

ユンに心臓を移植してもらうために…

 

そんなドゥリに対してムヒョクは、

 

「あなたの大切な一人息子のため、ゴミのように捨てられた息子の命を使ってください」

 

と告げた。

その言葉でドゥリは罪悪感を抱いていた。

そう、ドゥリに罪悪感を抱かせることがムヒョクの最後の復讐だったのだ。

 

一方、ムヒョクのことを拒絶していたウンチェだったが、

余命が短いことを知り後悔していた。

そして自分がムヒョクのことが好きだと知る。

 

 

倒れるムヒョク

 

そんな中、ムヒョクが倒れる。

余命が数週間と告げられた。

ムヒョクはウンチェを遠ざけようとするも、追いかけるウンチェ。

 

最後の時間を楽しく過ごそうとウンチェは提案し、二人で幸せなひと時を過ごした。

 

しかし、ムヒョクはウンチェを傷つけたくないと思い、

 

「ごめん、愛してる」

 

という書置きを残しウンチェのもとを去る。

 

 

 

出生の真実

 

ウンチェのもとを去ったムヒョク。

そしてムヒョクは出生の秘密を知ることになる。

 

それは、

ドゥリはムヒョクたちを捨てたわけではないということ。

ドゥリ自身も死産と聞かされ二人が生きていることを知らなかった。

そしてユンは養子だった。

 

 

実はムヒョクたちはドゥリが不倫相手との間にできた子供だった。

しかし大女優だったドゥリ。

スキャンダルを恐れた周りの人間が勝手にムヒョクたちを捨てたのだ。

 

ムヒョクはその事実にショックを受けた。

自分のこれまでの復讐は何も意味がなかったと…

 

 

その後ムヒョクはドゥリに最後のお願いで手料理を頼む。

初めての母親の手料理を食べたムヒョクは涙が止まらなかった。

 

そして心の中でこう告げた。

 

生まれ変わったら、自慢できるような息子になります。

お母さん、愛しています。

産んでくれて、ありがとう。

恨んで、ごめん。

 

その後食器を洗うドゥリの目には自分でもわからず涙が浮かんでいた…

 

 

その後ムヒョクはウンチェに電話でこう告げた。

 

「ごめん、愛してる」

 

その後、ムヒョクはバイクを運転中に意識を失いそのまま命尽きる…

 

 

一年後…

 

一年後、ユンはライブを開いていた。

ウンチェのためにとっておいた席は空席だった。

 

ウンチェはオーストラリアに来ていた。

ムヒョクとの思い出の場所を巡っていった。

 

そして最後に訪れたのはムヒョクのお墓。

 

そこでウンチェはこう告げた。

 

「孤独だった彼を1人にはできませんでした。一生で一度のわがままです。誰かの言葉ではなく、自分の心に従います。罰は私が受けます」

 

 

そしてウンチェはムヒョクの墓に寄り添いながら自ら命を絶つのであった。

 

「Rest in peace.

I’m sorry I love you」

 

ごめん、愛してる。

 

 

ムヒョクのお墓にはそう刻まれていた….

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

ごめん愛してるの感想

 

 

余命が短い点から結末は悲しいものであることはわかるのですが、

まさかのウンチェもムヒョクの後を追いかけるという結末…

 

辛すぎますね。

 

ただ、二人の互いを想う愛情はとても伝わりました。

 

 

ちなみに、補足としては、ドゥリは最後までムヒョクたちが自分の子供だったということを知りません。

しかし食器を洗う際涙を流したのは、母としての本能なのでしょうかね。

 

また、ソギョン(ムヒョクの双子の姉)はムヒョクからお金を貰い、ドゥリとも仲良くなります。

そういう点ではハッピーエンドですね。

 

ただ、涙なしでは見れないのは間違いありません…

 

果たして日本版ではどうなるのか…

 

日本版では設定などが異なるようなのでまとめてみました。

 

ごめん愛してるの韓国版と日本版の違い

 

・ムヒョクの元彼女であるジヨンは日本版には出てこない?

予告では律(ムヒョク)が銃弾を受ける現場は韓国のようなので、元彼女の結婚式という設定はあるようですが、

公式の相関図ではジヨンらしき人物はいませんでした。ちょい役なのですかね。

 

・ユンは韓国のトップスターではなくピアニスト(日向サトル)。ドゥリもピアニスト(日向麗子)。

 

・ミンジュもトップスターではなくサックス奏者。

 

・ムヒョクの双子の姉・ソンジュは幼馴染という設定に(河合若菜)。

 

 

以上が現在判明しているごめん愛しているの韓国版と日本版の違いです。

他にもわかりましたら更新していきます。

 

結末などは大きく変わらないと思いますが、原作との違いを出そうと変更する可能性もなきにしもあらずですね。

 

 

それでは日本版「ごめん、愛してる」の放送を楽しみに待ちましょう!

 

 

◆関連記事

ごめん愛してるをもう一度見たい方→ごめん愛してるの再放送と見逃し配信

 

ごめん愛してるの主題歌について→ごめん愛してるの主題歌OP/EDは宇多田ヒカル!曲名や動画は?

 

 

 

 

スポンサーリンク