有名人の気になるあの話

芸能人やスポーツ選手など有名人の気になる話題について紹介していきます!

クリーピー偽りの隣人のネタバレ!原作の結末は?あらすじ・感想について!

      2016/06/14

西島秀俊さん・竹内結子さん・香川照之さんらが出演する映画「クリーピー偽りノ隣人」

6月18日の公開日が迫っているのでテレビやネットでも話題となっていますね!

 

クリーピーの意味でもある「ぞっとする」に相応しく、身の毛もよだつようなストーリーの作品だとか。

 

原作は前川裕さんの「クリーピー」とい小説です。

そこで、今回は「クリーピー」のネタバレを紹介していきたいと思います!

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

クリーピー 偽りの隣人の原作のネタバレ

 

 

主人公の高倉幸一は元刑事の大学教授。

刑事であったことをいかし、現在は犯罪心理学を教えている。

 

そんな高倉は妻の康子と平和な日常を過ごしていた。

高倉家の隣には、主人とその妻、高校生の息子、中学生の娘の4人家族の西野家が住み、

高倉家の正面には90代の母と70代の娘の2人家族の田中家が住んでいた。

 

 

ある日、高倉のもとに刑事時代の同僚である野上から依頼がくる。

その内容は、数年前に発生した未解決事件・「日野市一家失踪事件」への協力であった。

 

高倉と野上は、事件の唯一の生き残りである長女・早紀に協力を頼み、事件を調査することに。
しかし、その長女・早紀に事情聴取をしても一向に事件の真相はわからなかった。

 

高倉が失踪事件の調査をしているなか、

妻の康子は隣人の西島にどこか違和感を抱いていた。

 

そんな折、高倉家の正面に住んでいた田中家で火災が発生した。

 

火災に気づいた高倉は、急いで外に飛び出すと、そこには隣に住む西野がいた。

西野は妙に落ち着いた表情で

 

「私たちの家にまでは延焼しない」

 

というのであった。

 

 

後日、高倉は田中家の火災の新聞記事を見て驚愕する。

その記事には3名が亡くなったと書かれていたのである。

 

田中家は母とその娘の2人家族で、もう一人は意外な人物であった。

それは高倉の元同僚・野上であった…

 

 

そんな中、高倉の妻・康子が隣の西野家で虐待が行われているのではないかと疑いだす。

 

そんな折、西野家の娘・が高倉家に逃げてきて、驚愕の発言をする。

 

「あの人、お父さんじゃありません。全然知らない人です。」

 

その後、包丁を持った西野が娘を返せと脅しに来るも、警察が来て澪は児童相談所で保護される。

しかし、そこに西野がやってきて、澪を連れ逃亡。

 

その後、西野家の妻の遺体が確認される...

 

 

 

実は隣人の西野の正体は矢島善雄という人物だった。

矢島は西野家の主人を始末し、成りすましていたのである。

西野家4人のうち3人を始末され、澪は行方不明のままであった。

 

この状況は「日野市一家失踪事件」に酷似し、実はその犯人も矢島であった。

指名手配となった矢島であったが、一向に行方はつかめずにいた。

 

 

一方、高倉には他の問題が起きていた。

高倉のゼミの生徒の一人、燐子との仲が疑われていた。

その結果、高倉は燐子のストーカー・大和田から嫌がらせを受けることとなる。

 

高倉は大和田を呼び出し問い詰めるも、大和田はストーカーや嫌がらせは自分になりすました隣人の増田であるという。

 

それを聞いた高倉はその大和田の隣人・増田の自宅に向かうもそこにいたのは逃亡中の矢島であった。

 

燐子が人質に取られ、それを救おうとした大和田は矢島に刺され帰らぬ人に。

矢島は再び逃亡するのであった…

 

 

それから10年の時が経ち、高倉は務めていた大学を辞め、ほかの大学で働いていた。

現在も矢島は逃亡中で、澪も行方不明のままであった。

 

そんな中、高倉は野上の元妻の河合園子の娘だという河合優の存在を知る。

実はこの河合優こそが行方不明中の澪であった。

 

その後高倉は河合園子から一連の事件の真相を聞くのであった。

 

実は野上を手にかけたのは園子であった。

結婚後、野上は体に障害のある園子を抱かず、浮気していたそうで、

ある日、眠っていた野上を拳銃で撃ち抜いたのである。

 

犯行後、園子は元義理の兄である矢島に助けを求め、

矢島は田中家の火災で事件を隠蔽したのである。

 

矢島はこのことを利用し園子を脅し、澪とともにずっと園子の家に潜伏していたのである。

 

 

そして肝心の矢田の行方であるが、実は矢島はすでに命を落としていた。

それも園子の手によって…

 

また、澪は河合優として海外でピアニストしてとして活躍し、フランス人の彼氏と幸せに暮らしているのだという。

 

それを聞いた高倉は幸せに暮らしている澪のため、この真実を秘密にすることを決意するのであった...

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

どうでしたか?

まったく別の事件だと思っていた二つの事件が実は繋がっていて

衝撃の真実には驚かされますね。

 

原作をかなり省略したものなので、伝わりづらいと思いますが、

隣人の西島・矢島の怖さはかなりのものです。

 

一家の主人が手にかけられ、その後悠々と成りすまして他の家族と暮らすのですからね。

家族側にとっては毎日が恐怖でしかないでしょう。

 

ぜひ原作を読んでほしいですね。

 

 

 

 

そういえば、怖い隣人といえば雫井脩介さんの「火の粉」がありますね。

こちらはある日元裁判官のお隣に、過去に自身が無罪判決を下した武内という男がやってくる…

という話ですが、この武内もなかなかの怖いお隣さんでした^^;

オトナの土ドラの一作目として、ドラマ化され、ユースケ・サンタマリアさんが演じられていましたね。

見事な演技っぷりでした^^

 

ドラマ「火の粉」の見逃し配信も行っているので興味がある方は視聴されてみては?

 

 

 

本作の矢島を映画で演じるのは香川照之さんです。

 

正直ぴったりの配役だと思います(笑)

香川さんは演技の幅が広いですが、悪人を演じさせたら右に出るものはいないといってもいいほどですからね。

 

クリーピー偽りの隣人のキャストについて

 

こちらは映画の予告動画です。

香川さんがとても怖いです(笑)

 

 

また、このクリーピーには「クリーピー スクリーチ」という続編があるのです!

こちらは2016年4月12日に発売されたばかりです。

スクリーチの意味は「金切声、悲鳴」ということで、前作「クリーピー」よりも波乱の展開が期待されますね。

 

クリーピー スクリーチ [ 前川裕 ]
価格:648円(税込、送料無料)

 

 

 

それではここまでお読みいただきありがとうございました!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 - 2016年映画