有名人の気になるあの話

芸能人やスポーツ選手など有名人の気になる話題について紹介していきます!

朝が来るの1話ネタバレ感想2話あらすじ!片倉ひかり/川島海荷は別人?本物?

      2016/07/02

日テレの土曜深夜ドラマ枠、「オトナの土ドラ」(東海テレビ制作フジテレビ系)。

その名に相応しく第一弾の「火の粉」は不気味な雰囲気でまさに大人のドラマでしたね。

 

そして第二弾の「朝が来る」も特別養子縁組や不妊症などを取り扱ったドラマで、これまた深い内容のドラマです。

 

1話から見ごたえのある内容でしたね!

片倉ひかりを名乗る少女(川島海荷)の正体も気になりましたね!

 

そこで今回はドラマ「朝が来る」の1話のあらすじ・ネタバレや感想について紹介していきます!

2話のあらすじや予告動画についても!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

辻村深月さんの小説が原作の今作。

特別養子縁組や不妊症など難しいテーマを扱った作品ですが、

二人の母親の人生を描いたとても感動する作品との評判です^^

 

(画像をクリックすると楽天の商品ページへと飛びます)

 

 

キャスト陣もとんねるずの木梨さんの奥さんである安田成美さんや、

ココリコの田中直紀さん、若手女優の川島海荷さんなど充実しています!

 

朝が来るのキャスト相関図

 

では早速ですが1話のネタバレ・感想です!

 

 

朝が来るの1話ネタバレ・感想

 

主人公の栗原佐都子(安田成美)と、その夫・清和(田中直紀)は27歳で結婚した。

しかし、二人は長年不妊に悩まされ、不妊治療をするも想いは届かずにいた。

原因は自分にあると知りショックを受けた清和に、佐都子は「もうやめよう...」 と...

 

夫婦で話し合った結果、特別養子縁組を利用し養子を迎えることを決意。

 

その養子というのが元気な男の子・朝斗(村田悠作)である。

佐都子は朝斗を本当の息子のように愛情を注ぎ、清和も家族を守ることを堅く決意する。

 

3人家族となった栗原一家。幸せな家族生活が始まったのである。

 

しかしその幸せもそう長くは続かなかった。

6年たったある日かかってきた一本の電話によって...

 

「子供を返してほしいんです...アサト、くんを...」

 

そう電話してきたのは片倉ひかりを名乗る謎の少女(川島海荷)だった。

 

実はこの片倉ひかりという人物は、朝斗を生んだ実の母親の名前だった。

 

それは遡ること6年前。

中学生だった片倉ひかり(原菜乃華)は、14歳にして妊娠をしていた。

しかし、気づいた時にはすでにおろすことができる時期を過ぎていた。

 

世間体を気にしたひかりの母・片倉咲子(赤間麻里子)は、浅見洋子(石田えり)が代表を務める特別養子縁組支援団体の「ベビーバトン」に半ば強引にひかりを預けた。

 

ひかりは最後まで赤ちゃんを手放したくないといっていたが、やむを得ず養子に出したのである。

そして、ひかりの希望で実は栗原夫妻とその時対面しているのであった...

 

 

時は過ぎ、片倉ひかりを名乗る少女から子供を返してほしい、返せないならお金をくれと言われ困惑する栗原夫妻。

 

後日、再会したひかりは、6年前とはまるで別人だった。

黒かった髪を金髪にし、とても6年前のひかりには見えなかった。

 

そして、夫婦はその少女に

 

「あなたは朝斗の母親ではありませんよね?あなたは誰なんですか?」

 

「私は...」

と言い言葉に詰まる少女であった...

 

 

1話から引き込まれてしまうような話の展開でした。

 

なんといっても対照的な佐都子とひかりの人生には考えさせられるものがありますね。

養子として朝斗を迎えたことで、長いトンネルの中を歩くような生活から抜け出した佐都子。

しかしその裏では実の子供である朝斗を手放したひかり。

 

表と裏、まるで朝と夜のようです。

朝を迎えた人たちがいれば、反対に夜を迎える人たちがいます。

まさに佐都子とひかりの人生はそんな現象を描いたものに感じます。

そして、その朝というのが、お互い大切な朝斗ですよね。

 

佐都子役の安田成美さんはベテランの女優さんでとても良い演技をしていましたが、

ひかりの中学生時代を演じている原菜乃華さんの演技も光っていましたね^^

子供を手放す悲しさ、とても難しい役ですよね。

 

朝が来るのキャスト 片倉ひかり役の女優・原菜乃華のプロフィール

朝が来るのキャスト!朝斗役の子役・林田悠作!

 

養子に出した子供を返してほしいなんて普通に考えたら問題外なのですが、

そうなるほどの事情がきっとあるのでしょうね。

2話以降はその事情やひかりの過去、6年間を中心に描かれるのでしょうね。

 

 

2話あらすじ・予告動画

 

 

あなたは誰?

 栗原佐都子(安田成美)と清和(田中直樹(ココリコ))は息子の実母・片倉ひかりを名乗る謎の女(川島海荷)と対峙していた。

 「あなたは誰なんですか?」と問う清和に対し、女は「アサトくんのお母さんじゃありません。すみませんでした」と言い逃げるように出ていく。

試される親子の絆

 数日後、佐都子は幼稚園で、朝斗(林田悠作)が理沙(滝沢沙織)の息子・大空(斎藤汰鷹)を幼稚園にある遊具から落としたらしいと聞く。

 朝斗の「ぼく、押してない」という言葉を信じた佐都子は理沙の家を訪れ経緯を話すが……。

広島の家

 3年前、ひかりを名乗る女は一人、特別養子縁組支援団体・ベビーバトンの寮を見上げていた。そこに背後から声がかかる。

 「何かご用ですか?」振り返った女の前にいたのはベビーバトン代表・浅見(石田えり)だった……。

 

 

 

2話のあらすじ・ネタバレ・感想

 

 

1話のあらすじについて文章ではなく映像で観たいという方もいるかと思います。

公式が無料で再放送(見逃し配信)を行っているので安心してください!

 

 

 

関連記事

朝が来る/ドラマの視聴率速報!1話~最終回まで!打ち切り?過去作品と比較!

朝が来るの原作ネタバレ!最終回結末は?ひかりの過去が切ない...

朝が来るの主題歌について!

朝が来るのロケ地はどこ?広島や横浜などドラマ撮影場所情報まとめ!

朝来るのキャスト!ひかりの姉役の小島梨里杏について!

朝が来るのキャスト!健太役の小野塚勇人について!

 

各回のあらすじ

3話のあらすじ・ネタバレ・感想

4話のあらすじ・ネタバレ・感想

5話のあらすじ・ネタバレ・感想

 

 

 

スポンサーリンク

 

 - 2016年夏ドラマ